タダシップはシアリスジェネリック

ED治療薬は日本では3種類が治療に利用されていますが、特に使いやすい薬といえば、シアリスをあげる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
シアリスの便利なところはまずは、食事の影響を受けにくいということがあげられます。
まず、バイアグラの場合は食事の影響を受けやすいこともあり、その効き目を良くするのにお酒や食事を我慢されているという方も多いのではないでしょうか。
シアリスなら、そういった心配もなく、性行為の前にも食事やお酒を楽しむことができるので、精神的にもよりリラックスが得られるというメリットがあります。
もちろん、飲みすぎたり、あまりに脂っこいものを食べてしまうと効き目に影響が出る可能性もありますが、より気軽に利用できるのはやはり良いものです。
そして、バアイグラやレビトラの持続時間は4~5時間程度とされており、それゆえに飲むタイミングも良く考えておく必要がありますが、シアリスの場合は24時間~36時間と持続時間が圧倒的に長いこともあり、飲むタイミングを気にしなくて良いのもメリットと言えます。
さらに副作用はまったくないわけではないものの、より少なくなっているとのことですので、薬の副作用が出やすいという方はシアリスを試してみるのも良いのではないでしょうか。
そして、最近はED治療をより低価格にするために個人輸入で安いジェネリック医薬品を購入する方も増えています。
輸入といっても代行業者を利用すれば特に難しい手続きも必要ありませんので、気軽に注文が可能です。
すでにバイアグラやレビトラのジェネリックは色々な種類が出ていますが、一番最近に開発されたシアリスにもすでにジェネリックが登場しています。
その代表的とも言える医薬品がタダシップで、こちらはインドの製薬会社シプラ社で製造販売されている薬です。
そして有効成分はシアリスと同じくタダラフィルとなっており、その持続時間もやはり24時間~36時間程度あるとされており、かなり低価格で提供されています。
それから気になる副作用についてもシアリスと同様に少ないとされていますが、それでも人によっては強く感じる場合もあるかもしれませんし、禁忌もあり、心疾患のある方には使えない薬となっていますので、安全に使うためにもその特徴はよく理解しておきましょう。
心臓病のある方はニトログリセリンなどの硝酸剤を利用されている方も多いですが、こういった薬と一緒に使用してしまうと血圧が下がりすぎてしまう場合があるとされています。
さらに血流を改善する薬ですので、高血圧や低血圧の方も気をつけておきたいですし、過去に心筋梗塞や脳梗塞などの病気を起こしている方も気をつけたいものです。
正しい使用方法を行っていけば、安全でしかも低価格で悩みを改善できる薬ですので、使い方は間違わないよう、飲む前にはしっかり確認しておきましょう。
個人輸入代行業者から購入する場合は医師の診断書や処方箋は必要ありませんが、それゆえに自己責任となりますので、正し使って悩みを解決していきたいですね。

Comments are closed.