タダシップを選ぶメリットとは

シアリスのジェネリック医薬品の中でもよく選ばれているのがタダシップです。
タダシップはシアリス同様に「タダラフィル」を有用成分として含有しています。
では、タダラフィルでは、どのようなED治療の効果が期待できるのかを紹介しましょう。
タダラフィルの特徴は、勃起の持続時間の長さが第一に挙げられます。

tadacip02

勃起発現からの持続時間は最長で36時間とされており、これは他のED治療薬の有用成分と比べても9倍の持続効果があります。
もちろん発現してから36時間ずっと勃起しっぱなしということではありません。
ED治療薬は性的刺激を与えることで作用しますので、性的な行為を行わなければ作用はしません。
よって服薬しながらでも通常の生活を送ることは可能です。

このように持続時間が長いことから、土曜日の夜に服薬しても月曜日の朝まで持続するということで欧米では「ウィークエンド・ピル」の愛称でも知られています。
薬を持ち歩く必要もなく、連戦で挑むことができるでしょう。
そして、第二に食事の影響を受けにくいという点もあります。
他のED治療薬の有用成分では食事の影響を受けやすいため、食後の服用では作用が弱まるということで服用のタイミングが難しいとされていました。
しかしタダラフィルは食事の影響を受けにくくなっており、暴食しない限りは食後の服用でも可能としています。
また、上記でも述べたように最長36時間の効果が認められているので、性行為のタイミングを想定する必要がありません。

そのため服薬のタイミングが難しくてパートナーにED治療薬を服用しているということが知られてしまうという可能性が低いでしょう。
ただ、発現時間は早い人で30分、遅い人で4時間とされており、発現までに人によりはかなりの時間差があるので早めの服薬をしておく方が安心です。
第三に副作用が少ないとされています。

ED治療薬は本来、狭心症の薬として開発されていたものの副産物として誕生したものですので血管や心臓などの循環器に作用します。
そのため顔のほてり、鼻水・鼻づまり、頭痛などといった副作用が確認されていますが、タダラフィルではこういった副作用が強くなく穏やかだとされています。
ED治療薬の副作用自体は基本的には強いものではなく、治療薬の効果が落ちるとともに副作用も収まるとされていますが、副作用を感じないでいられるのならそれに越したことはありませんよね。

このような特徴を持つのがタダラフィルです。

そしてタダシップは、ジェネリック医薬品ですので同じ有用成分を使用しているにも関わらずシアリスに比べると薬代が格段に安いというメリットがあるため、シアリスよりもタダシップを選ぶ人が多くなっています。
ただし、シアリスは日本の医療機関を受診することで処方してもらえますが、タダシップは処方してもらうことはできませんので、もしも入手するとしたら個人輸入で手に入れることになるでしょう。

Comments are closed.