経済的にED治療をするのならタダシップ

ストレス社会と言われる現代で、若い世代でもEDに悩む人は決して少なくはありません。
EDは、肉体的な影響または精神的な影響によるとされており、そのため軽度のものなら男性のほとんどが勃起不全を体験しています。
珍しい症状というわけではないので、自分ばかりがと気にする必要もないのですが、かといってプライドにかかわる問題ですので他人に簡単に相談できる悩みでもありませんね。
ましてやパートナーには絶対に知られたくないという思いがあるでしょうから、それを理由で性生活を断り続けることはできないでしょう。
しかし色々理由をつけて断っていても、そんなことをずっと続けていたらいつかはバレてしまうか愛想をつかされてしまいます。
そこで、内密にこの問題を解決するためにED治療薬が用いられます。

ED治療薬で最も有名なのはバイアグラですが、名前くらいはご存知の方も多いでしょう。
他にもレビトラやシアリスという治療薬も誕生しており、これによって多くの男性が救われています。
これらED治療薬は泌尿器科などを受診することで処方してもらえる薬ですが、問題は何と言っても価格が高いということです。
有用成分の含有量により1錠1,500円~2,000円が相場となっており、診察代も含めると1錠の処方で5,000円は見ておく必要があるでしょう。
ちなみにED治療薬の処方は健康保険が適用されませんので、全て自己負担となっています。
となれば、その都度となると手が出せないという人も出てきてしまいます。

でも、そんな方たちにおすすめなED治療薬があるんです。
それは「ジェネリック医薬品」です。
ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有用成分で製造されてるため、品質、作用、効果は同等のものが得られます。
さらに、開発費用がかからないということで新薬の3分の1~10分の1くらいの薬価で薬が手に入るんです。
ED治療薬の中でも需要がNo1となっているシアリスのジェネリック医薬品にはタダシップがあります。
経済的にシアリスの効果を感じたいという男性に多く選ばれているジェネリック医薬品です。
食事の影響を受けにくいので服薬のタイミングを選びません。

勃起の持続時間は最長36時間と非常に長く、金曜日の夜の服薬しても日曜日まで効果が続くことからウィークエンドピルという呼び名ももっています。
また、副作用が少ないというのも利点です。
シアリスはアメリカのイーライリリー社の開発・製造で、日本で販売されているシアリスは日本イーライリリー社が製造していますが、タダシップはインドのシプラ社が製造しています。
そのためタダシップはインド国内のみでの販売となっているので入手は個人輸入に限られています。
日本で泌尿器科を受診しても処方してもらうことはできませんので注意しましょう。
医薬品の個人輸入に関しては、一定の基準を守れば処方箋不要で輸入することが許可されているので安心してください。